王子様には毒がある。(柚月純)3巻を読んで感想。ちょいネタバレ。


3巻ではついに、りずが颯太を意識します!

颯太のふとした所からちゃんと男の子なんだと・・

気になればそればっかり考えて空回っていきます。

颯太に「りずちゃん今日変だよ?」と言われてつい「颯太・・前よりかわいくなくなったよねっっ」と言ってしまします。

何で、りずにそんな事言われたか理解できない颯太は、りずの気を引くために可愛くて性格のいい音楽科の山本みゆ(やまもとみゆ)とデートすることにします。

りずは分かりやすい変装で後をつけるので、颯太にバレバレ。

意地悪しようと、りずの苦手なお化け屋敷に入っていきます。

膝をガクガクしながらも大嫌いなお化け屋敷に入っていくりずが意地らしい。

結果、お化け屋敷から出てこないりずを、必死で探し出してくれる颯太にもキュンです。

結局、山本みゆは、りずの事を「お姉さま」と呼ばせて下さいと、百合っ気がある女の子なので颯太に相談してただけでした。

ここで百合要素も入れてくるとは、ベテランの成せる業ですね。

文化祭では、颯太のえげつない美少女っぷりが見られたり、りずが危ない時にはすぐに駆けつけて助けてくれるという王子様のような展開があったりと見どころたっぷりです!

そして、りずがやっと「颯太の隣にあたし(りず)がいる。そんな可能性の未来もあるのかな・・・?」と考えるようになります。

どんどん恋愛に近づいた感情になってきています。

嬉しいよ~~~

っと思っていたのに、1巻で登場した谷君とまたデートすることになるなんて!

ちなみに谷君とは「りずの心を散々もてあそんで公衆の面前でこっぴどくフッてりずのハートをズタボロにした鬼畜サイテークズ男」なのであります。

りずの男を見る目のなさには、心底あきれますが、結局のところその行動の根本には颯太の存在があるんですよね。

読者的には「早く、くっついちゃえよ~~」と思いながら、この展開が恋愛マンガの面白さ。

簡単にくっついちゃうとツマンナイよね。

とも同時に思う。

この葛藤を起こさせてくれるのが良いマンガなんだよね。

3巻ではりずが「可愛い颯太」を望むものの「颯太はちゃんと男の子」とはっきりと気づくのでした。

りずのアルバムに剥がされた跡の謎が4巻では明らかに?!

 

王子様には毒がある。(3) (講談社コミックス別冊フレンド)

新品価格
¥463から
(2017/10/14 10:12時点)

【Amazon】

王子様には毒がある。(03) (別冊フレンドKC) [ 柚月純 ]

価格:463円
(2017/10/14 10:12時点)
感想(2件)

【楽天】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す