秘密の花園アパート(上森優)2巻を読んで感想。ちょいネタバレ。


読み切りだと思っていたのですが、実は2巻があります。

1巻と書いてなかったので読み切りなんだと思うかもしれません。(ずいぶん前に買ったマンガだったもので、私も勘違いしてました)

その後の続きが気になる方は2巻も花園アパートのその後が見れるので楽しいですよ。

やっぱり兄の晃が人気だったのか、今回は晃編からスタートです。

晃のヤンキー時代の話。イケメン晃がいっぱい出てくるのでキュンです(*´ω`)

高校時代の元カノ(元ヤン)が晃のアパート管理人の面接に来たのですが、高校の時には想像もつかないくらい美人でおしとやかに変身してました。

高校時代に知らなかった晃のシスコンぶりに、ドン引きしながらも妹に嫉妬するのですが?!

10年経ってお互い成長したかに思えたのに、元ヤンのなごりが出てしまう二人が可愛いです!

全部で4話あるのですが、2話はひねくれ者の二宮君に恋をした西園寺智子(さいおんじともこ)。箱入り娘で、すれていない性格の智子に八つ当たりして利用しようとする二宮ですが、だんだん惹かれていく。智子はすべて承知の上で期間限定のお付き合いをスタートするのですが・・・・。

全体的に1巻よりも花園アパートの存在が薄くなってます。2巻だけ読んでも話は分かるようになっているので、さっくりと読みやすいです(^^)/

ちょっとおつまみぐらいで、恋愛ものが読みたい方におススメの一冊。

やっぱりハッピーエンドで終わるのは女のコにとって幸せな気持ちになりますね。

季節は春だし、近ごろはピンク色の幸せな気分になるマンガを読みたい!

秘密の花園アパートは3巻までありますので、次回は3巻をご紹介します(^_-)-☆

 

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す