菜の花の彼-ナノカノカレ-(桃森ミヨシ×鉄骨サロ)1巻を読んで感想。ちょいネタバレ。


この作品はいつも、電子書籍で立ち読みして、主人公「菜乃花」(なのか)の恋の相手となる中学生隼太(はやた)があんまりタイプではなかったはっさく。買う気にはまったくなれませんでした(*_*)

でもある日1巻無料で読めるキャンペーンで1冊まるまる読んだら面白くてハマった~!なにこれ、めっちゃ面白いってなりますよ(^^)/現在では12巻まで出ています。

なので、ごめんなさい。1巻は買ってなくて記憶が曖昧ですが、感想書きます。

STORY

中学のときのトラウマがもとで恋愛に臆病だった菜乃花。でも街中でその傷を癒す一言を言ってくれた男の子、隼太に思わず告白してしまいます。顔をみる前にーー!気を使い過ぎるばかりに菜乃花を怒らせてしまった隼太。怒ってしまった事を気にする菜乃花。2人とも直接会って謝りたい、とお互いの学校を訪ねます。すれ違いもあったけどやっと2人は出会うことができました!嬉しい菜乃花ですが、友達の優子(ゆうこ)は相談しないで恋愛し幸せそうな菜乃花に腹を立てます。そんな時、優子の彼が優子と話し合いをしたいので一緒に来て欲しいと頼みます。着いたカラオケボックスには優子の姿はなく、密室で菜乃花がピンチ!そこに現れたのは、中学時代の彼氏、鷹人(たかと)でした。

友達の優子の性格は一見キツく見えますが、菜乃花の思ってることをちゃんと話したり相談して欲しいだけで根は友達想いなんです。後に最初の印象とは違いこんなにいい子だったのかとビックリすることに( ゚Д゚)《人柄は深く関わらないと分からないものです》

隼太とは、運命的な出会いをします。

すべてがココから始まります。

こんなに大人びた中学生がいるのかと不思議に思いますが、菜乃花のひたむきな想いにだんだんと隼太も惹かれていく過程が面白い。タイプじゃないけど隼太が好きになりました。とにかく、普段無口な菜乃花の感情がこと細かく描かれているので、この世界に深く入っていくことができます(*^^*)

次回は元カレ鷹人が登場。見た目カッコイイのでファンが多いと思います。

2巻につづく。

 

【楽天】

 

菜の花の彼─ナノカノカレ─ 1 (マーガレットコミックス)

新品価格
¥432から
(2018/3/2 15:36時点)

【Amazon】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す