菜の花の彼-ナノカノカレ-(桃森ミヨシ×鉄骨サロ)12巻を読んで感想。ちょいネタバレ。※注意


はっさく。こんな日が来るなんて思わなかった(;_;

鷹人と菜乃花がもう一度付き合う事になるなんて!

半年間の記憶を無くした菜乃花は隼太の事だけがすっぽりと記憶から無くなっていた。

それを知って鷹人は、菜乃花にもう一度やり直そうと言います。

それを受け入れた菜乃花は、鷹人と付き合うことにします。

クリスマスのデートプランを必死になって考える鷹人ですが、ことごとく外します。

このデート慣れしてない所とか、普通に好感が持てますね。

でも隼太の存在を菜乃花に伝えずに付き合ってるので、内心複雑ですが(-“-)

で、隼太はというと、アメリカに発つ前に健介との会話で

「綾瀬さんを取り戻したい」「好きなのに」

「なんでなんだ」

「なんでこんな事に!」

「すれ違って・・・」

「綾瀬さんが俺を振り返らないと思い知った瞬間に」

「何も分からない綾瀬さんの手をとってそのまま一緒に」

「どこかへさらってしまいたいって思いました」

「鷹人さんの・・文化祭で綾瀬さんに向けた自分勝手な欲求を」

「俺は軽蔑さえしてたのに」

「こうなってしまったら」

「俺も同じような事を考えるのかって」

「悔しくて」

「自分を許せなくて」

「だから  今は  このまま(菜乃花に会わずにアメリカへ)行きます」

 

そう、まさに逆転劇ですよ。鷹人と隼太の立場が逆転したんですよね。

菜乃花の記憶が無くなったことで。

隼太と付き合ってる時みたいな感情を鷹人にもってるわけじゃないけど、

素直になって思ってることを菜乃花に伝えることが出来る今の鷹人では、

昔とは違う結果になるかも。

クリスマスデートしてる二人は、昔と違ってちゃんとデートらしくなってるし、

いい雰囲気に見えます。

で、ちゃんと付き合ってみてわかったことだけど、鷹人って付き合っても面倒くさいタイプですね。

やっぱりストーカー気質なので、いちいち菜乃花について細かいことで気にしてるし。

それを可愛いいなんて思ってる菜乃花も変わったなって思います。

こんなシーンはもう無いと思ってたので面白かったです(^^)/

でも・・・

菜乃花が鷹人に尋ねます

「・・・ねぇ 鷹人くん」

「私が忘れてしまった時間の中で」

「何か」

「私を凄く変えるような出来事って」

「あったのかな?」

 

鷹人は何も答えなかった

次回はついに、隼太のことを知ってしまう菜乃花。

遠くに行ってしまった「知らない」彼と、

不器用に好きな気持ちをぶつけてくる目の前にいる彼。

菜花の選択は?

 

13巻2017年6月23日発売予定。つづく。

 

【楽天】

菜の花の彼─ナノカノカレ─ 12 (マーガレットコミックス)

新品価格
¥432から
(2018/3/2 15:06時点)

【Amazon】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す