こんな未来は聞いてない!!(八寿子)2巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

面と向かって真之介に告白しようと決意した佳代ですが、

あんまりまっすぐ見つめてくるので

「テストが終わってから言うわ!」

と逃げてしまう。

1巻でちょろっと出てきたイケメン滝君が、佳代の不器用さをみてちょっかいかけてくる。

滝君は大学行ったら研究に没頭したいから、今だけ女の子と遊ぶと決めてるらしい。

「恋愛ってどんなコ相手でもちょっと考えて要領よく立ち回れば100%オチるし」

「最近、飽きてきちゃってちょっとヒマしてんだよねーーー」

と恋愛初心者の佳代に向かっていってくる。

そんな中、真之介が進級が危うい佳代の為に、

テスト範囲のノートのコピーをくれる。

「あ・・」

「ありがとう!」

「頑張るよあたしっ」

佳代は少しづつだけど、真之介に正直な気持ちを伝えることが出来てます(^^)/

「おう」

「おまえならやれる!」

っと頭くしゃっとしてくれた(*´ω`)

素直になると真之介から、こんな嬉しいご褒美もらえるしね。頑張れ佳代(‘ω’)ノ

そんな、恋愛こじらせ佳代を見て滝君が

「・・・てかさ いんじゃないの別に」

「女の子なんだし多少おバカなくらいでもさ」

「ホラあの櫛田サン?みたいなカンペキ人間よか」

「佳代ちゃんみたいなコのほうが」

「オレは断然そそられるけどな」

とキスを迫られますが・・・

ダメだ

ムリ!!

と滝君のホホにビンタします。

「滝君どんなコも100%オトせるとかゆってたけど」

「そもそもはじめっからオトせるよーなコしか選んでこなかっただけなんじゃないの?」

「本気で好きになったら冷静に要領よくなんてできるはずないよ」

「滝君は」

「ただ恋愛のイージーモードをクリアしたってだけなんだよ」

 

WOW~~~~!!佳代の核心をついた言葉に、はっさくも共感します(‘Д’)

この一件で、滝君は佳代に本気モードで好きになったみたい。

その後、アラサー佳代から衝撃の告白が・・・

滝君がタイムマシンを開発した張本人だと知る。

その話を後ろで聞いていた滝君!!

それをネタにゆすられる佳代。

テスト後に告白するって決めてたのに、真之介からかかってきた電話で

「伝えたいことあるって言ってたけど大したことじゃないんだ!忘れて?」

と言わされたり・・・

「今オレにキスしたら解放してあげるよ」

と言われ、恐る恐る唇を近づける佳代に

「・・・いーよ」

「もう」

「ごめんウソウソさすがにコレはやりすぎ」

と言って止めるが!!

その光景を後ろから見ていた真之介!

そしてその横には櫛田も!

真之介は、完全に佳代と滝君がイイ感じだと思い込んでる(;_;

2人を見てモヤモヤしてる真之介は、佳代のこと好きだよね?!

なのに、佳代が何かすればするほど、真之介とすれ違うのはナゼ(/ω\)

新学期。

真之介と同じクラス!

滝君とも同じクラス!

櫛田とも同じクラス!

おまえもいるんかーーい!!(佳代心の声)

学級委員を決めるとき・・・

櫛田と真之介がキスしてたのを目撃したと男子にちゃかされて

真之介が櫛田に

「櫛田とのこと前向きに考えたいと思ってる」

「つき合おう」

と皆の前で言った。佳代にすれば公開処刑ですよ(;_:)

ささいなことばっか気にして

モタモタしてるうちに

真之介との未来が

消えちゃった

 

衝撃の展開!3巻へつづく。

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す