ハニー(目黒あむ)7巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

雅「・・・大雅さんの笑ってる顔みたら」

「なんかいいなって思うし」

「・・・名前呼ばれると」

「すごく嬉しいんだけどな・・・」

奈緒「あ あの」

「西垣さん」

「----・・・・」

気づいたのに

何も言えなかった

奈緒「・・・ううん」

「何でもない」

雅が大雅のこと好きなのは確実だよね(>_<)

元気のなくなった奈緒と、それを気にする大雅を、

さりげな~~くサポートしてくる二見くんは、

ホントいい男のコだ(^^♪

二見「大雅が亮くんの妹ちゃん名前で呼んでるの」

「奈緒ちゃんそれにやきもち妬いてたんじゃない?」

大雅「え?!そういうもんなのか?!」

二見「奈緒ちゃんが突然 俺の事“彩葉くん♥”って呼んだらどうよ?」

大雅「・・・やべぇ 俺・・・めちゃくちゃデリカシーのねぇ男だな・・・」

二見「大雅が妹ちゃんの事なんとも思ってないからこそだろうし」

「大雅らしいっちゃ大雅らしいけどね」

と、まぁ大雅の過ちを気づかせながらの、

でもそーゆー所も大雅のいいところだよね、と

サポートまで入れてるところが完璧だ(*´ω`)出来るコだよ。このコ。

奈緒のふんわり、ゆるりとした雰囲気で、誰にでも優しい、いい子だけど、

今回みたいにイヤなことは嫌だとちゃんと言わないとね((+_+))

 

そして、水面下では矢代と美咲が急接近してる~~(^^♪

みんなで、夏祭りに行くときも・・

美咲「こいつとふたりで回るから」

とみんなの前で言ったり、いい雰囲気になってます。

相変わらず、美咲が矢代の手の平で転がされてる感が強いけど( *´艸`)

 

雅が、大雅のことを好きだと自覚してからの接近がハンパない!!

彼女の前で、普通こんなことされたらぶち切れますよってぐらい、

我慢ならないことを、たくさん奈緒はされるのです<`ヘ´>

二見「嫌われたくないからって」

「妹ちゃんがどんどん大雅に近づいてくの」

「これからもずっと」

「今までみたいに黙って見ていられる?」

奈緒「ううん」

「そんなの」

「や やだ・・・・!!」

二見「うん」

「それじゃあ」

「いってらっしゃい!」

奈緒「行ってきます・・・!」


この7巻は、本当に二見くんはよくやってくれましたよ!

それをたたえて、二見くんばっかり紹介してみました(^^)/

最後は丸く収まったところとか、やっぱり奈緒と大雅だからこそ出来ること!

普通だと、雅に対して二度と顔みせるな!!ぐらいの関係で終わりますから!

ついに最終巻。

8巻へつづく。

 

ハニー 7 (マーガレットコミックス)

新品価格
¥432から
(2017/8/28 14:36時点)

【Amazon】

ハニー(7) (マーガレットコミックス) [ 目黒あむ ]

価格:432円
(2017/8/28 14:36時点)
感想(3件)

【楽天】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す