花に染む(くらもちふさこ)1巻~8巻がすごい!

1巻を読んでから、続きが気になってしかたなくて

いっきに大人買いした作品です(^^)/

比々羅木神社(ひいらぎじんじゃ)の息子・圓城陽大(はると)は兄・陽向(ひなた)、従姉妹の雛(すう)と共に弓道に励んでいた。神社の隣の畳店の娘・宗我辺花乃(そがべかの)は、陽大の流鏑馬(やぶさめ)姿を見て心を打たれて弓道を始め、現在は圓城兄弟と共に中学の弓道部で弓を引く日々。

しかしある日、比々羅木神社の宝物殿から出火、その中には・・・?

 

絵柄からして、はっさくは普段見ないタイプなのですが、ストーリーがすごくミステリアスで気になる!

サクサク読める!

でも、登場人物の心情がどう読み取ればいいのか、表現力の乏しいはっさくには難しいマンガです。

なので、読んでみて皆さんの直感で感じてもらうのが一番の作品だと思います。

主人公の花乃も、さっぱりとした性格。

兄の陽向が火事で亡くなってしまったことで、それぞれが大人のこじれた恋愛みたいになっています。

普通の高校生にはない、複雑な展開になりますが、それでも最後まで読まないといられないくらい面白いマンガです(^^♪


Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す