ハニーレモンソーダ(村田真優)3巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

前回までは、菅野さん羽化をかばってくれるいい人とわかって・・・

そんな菅野さんと三浦くんは、やっぱりお似合い。

 

ゆる「私ずっと思ってたことがあんの!」

「羽化ちゃんはポニテが似合う!!」

「だからさせて!!」

 

ゆる「ほらーーーー」

鏡でポニテを確認する羽化。

可愛い!!(●´ω`●)

 

三浦くんが登校してきて・・・

三浦「友達 増えたじゃん」

「オレいなくても大丈夫そうだな」

・・・え

・・・と・・・

どういう

意味かな?

・・・・

だから離れろって

意味にもとれるよね

 

不安になる羽化。

相変らず何を考えてるのか分かりにくい三浦くん(-_-;)

突き放したのかと思ったら・・・

菅野さんの取り巻きにビンタされたホホを気にかけてくれたり・・・

 

三浦「ゆる」

ゆる「ん?」

三浦「この髪型またしてやって」

ゆる「羽化ちゃん気に入ってくれたの?!」

三浦「ていうか オレが気に入った」

とサラッと嬉しいことを言ってくれたり。

ますます好きが積もっていく羽化。

 

・・・持ち続ける

三浦くんを

好きでいる勇気

違う世界に住んでいても、三浦くんを好きでいると決めた羽化でした(^^)/

 

・・・羨んだって

私は芹奈ちゃんにはなれないんだから

自分は自分で

出来ることをやらないと

 

文化祭の実行委員をかってでる羽化。

 

出来ることばかりを

やってても意味ない

新しいことを見つける

見つけてみせる

 

三浦くんに出会ってからの羽化は、目に見えて成長していきますね(‘ω’)ノ

 

さっそく出し物についてのアンケートをとろうとするのだけど、

トンボ「・・・めんどくさ」

「普通に口で言やよくね?」

「それで多数決取りゃいいじゃん」

と、あっさり主導権を取られた羽化(◞‸◟)

クラスの女子からも

「やっぱ向いてないんだよ 石森ちゃんに実行委員は」

そう言われたものの、へこたれない羽化を見て、

周囲の態度が変わっていき・・・

 

クラスの女子「・・・・なんかさー」

「私 最初 石森ちゃんのこと めんどくせーて思ってたんだよね」

「今まで文化祭の準備ってまともに参加したことなくて」

「そういうの率先してやる子らに任せて」

「こっちはやってる雰囲気出して遊んでるみたいな」

「だから」

「石森ちゃん 超真剣になってて うわぁて思ったんだよね」

「でも やってみたらさ」

「なんていうか」

「こないだ 楽しいって言ってたじゃん 石森ちゃん」

「そう思ってんの 石森ちゃんだけじゃないからね」

 

ハニーレモンソーダ 3【電子書籍】[ 村田真優 ]

価格:400円
(2017/6/11 16:07時点)
感想(0件)

【楽天】

これぞまさに腹の底から分かり合えたってことだよね(*^▽^*)

クラスの女子にここまで言わせちゃう羽化はすごい!!

今回は、羽化が人として成長していく過程がメインでした!

三浦くんも、影で羽化の味方になってくれていたり。

でも菅野さんとの距離も近くなったみたいで・・・?

4巻はどうなるのでしょうか?

 

つづく。

ハニーレモンソーダ 3 (りぼんマスコットコミックス)

新品価格
¥454から
(2017/8/29 11:14時点)

【Amazon】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す