箱庭のソレイユ(川端志季)4巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

4巻で完結です!いや~~良い終わり方だった(^^)/

事件の真相を知り、わだかまりが解けた、天使と伊月のふたり。

その様子をたまたま見かけたあさひは、伊月と天使の間に何が起こったのか、理解できずにいたーー。

 

伊月と天使の仲が良くなったのを不思議に思うあさひ。

真相を知るために直接、伊月に聞くことに。

伊月「瀬名さん・・・」

「僕たち和解したんです」

あさひ「・・・和解?」

伊月「瀬名さんも知ってるかもしれないけど」

「姉は生前・・・ある病気で視力が落ちて・・・天使の作品を自分のものとして世に出していました」

あさひ「それは・・・天使から少し聞きました」

伊月「自殺だったんだ」

「罪悪感に耐えられなくなって美術教室で自殺したらしいんです」

「天使は偶然・・・・死んだ姉を一番に発見したんだけど」

「それまでの姉の罪を隠すために教室を燃やして事件を捏造したと」

「天使本人の口から聞きました」

真相を聞かされて困惑するあさひ。

 

真実がわかって

天使はまた絵を描き始めて

めでたし めでたしだ・・・

なのに

 

何か胸につっかえてる・・・

なんだろうこれ

 

あさひは自分だけ蚊帳の外で事件が解決していたことに寂しさを感じる。

そして疎外感と同時に、釈然としない違和感も感じた。

 

伊月さんと和解した天使は今・・・

自分の世界を広げようとしているのかもしれない・・・--

同級生とよく話すようになったし

昨日は他校の子とアドレス交換してた・・---

喜びたいのに・・・

めちゃくちゃ複雑だ

 

だけど

天使の絵を見てしまうと・・・

自分のちっぽけな嫉妬心なんて

どうでもよくなるらしい・・・---

 

美術の先生に後押しされたアートコンクールで最優秀賞を獲った天使。

すぐに、「イケメン高校生!史上最年少で入選!と記事が出た。

 

あさひは、天使の絵を見てつい本音が出てしまう・・・

あさひ「鉛筆画なのに色があるみたい」

「ああ・・・私 やっぱり・・・」

「天使が好きだなぁ」

天使「・・・・」

「・・・え?」

あさひ「あ・・・」

「いやっ・・・あの・・・」

天使「ごめん」

「・・・今は」

 

あさひは断れられたことにショックを受けて言葉を詰まらせる。

あさひ「うん!そうだよね!」

「ごめん 忘れてっ」

 

どうやら天使は自分よりも伊月と一緒にいるほうが、あさひの為になると考えているみたい(◞‸◟)

なのに、描く絵には気持ちがダダ漏れ(/ω\)

天使の部屋の床一面にあさひの顔が描かれた絵が散らばっている・・

天使の部屋へ、話をしに来た伊月が驚くほどにΣ(゚Д゚)

 

伊月「これだけ執念を見せてキミは・・・」

「瀬名さんに自分の気持ちを伝えないの?」

天使「まだ・・・あさひの記憶は戻ってない」

「見守っていられるだけでいいんだ」

伊月「僕が・・・瀬名さんを奪っても?」

天使「アンタを選ぶ方が正しいだろ」

「大人で・・・」

「男から見てもかっこいいし」

「・・・それに何より」

「有希先生の匂いがする」

「俺もあさひもアンタの傍が好きだよ」

「安心する」

 

予想外の言葉を聞いて、伊月は赤くなる。

伊月「いつまで綺麗事言ってるの?」

「ま・・・僕にとってはいいチャンスだから」

「譲ってくれるなら ありがたく いただくよ」

 

箱庭のソレイユ 4 (マーガレットコミックス)

新品価格
¥432から
(2017/6/24 16:27時点)


そんなこと言っちゃってるけど、

結局天使の為に一肌脱いじゃうような伊月が大人だよ(*´▽`*)

 

そこからは、話がいっきに佳境へと入る。

 

最終的には、ハッピーエンドで終了しますので、

心地よい気持ちで読み終えることが出来ました(●´ω`●)

天使があさひに告白するとき「絵に閉じこめたいくらい・・・独り占めしたい」って言葉。

そ~~でしょうよってくらいストーリーから好きが伝わってきました( *´艸`)

箱庭のソレイユ 4 (マーガレットコミックス) [ 川端 志季 ]

価格:432円
(2017/6/24 16:28時点)
感想(1件)


最後に、

『居心地いい場所を探すって逃げるのとは違うのよね』

『自分の生きやすい場所にいてもいいのよ 花も人も』

有希先生の名言です

 

おわり

 

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す