王様に捧ぐ薬指(わたなべ志穂)7巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

前回までのあらすじは・・・

それぞれの過去と向き合い、本当の夫婦となった綾華と東郷は、ホテルを訪れる客とのやり取りの中で絆を深めていく。すれ違いやケンカは日常茶飯事。東郷の実家との付き合いなど、まだまだ問題山積みで?!

 

ラ・ブランシュの閑散期に、「離婚式」を受けることになった。

綾華は、お客様の話を聞いているうちにまだ二人はやり直せるのでは?と思うように・・

必死になって離婚を食い止めようとするが、

二人の決意は固く結局離婚式をすすめることに・・

 

お客様「別れるなんて考えられないって思いました」

「私たちまたやり直したいって」

「でも“夫婦”じゃこの気持ちは忘れるんです」

「またお互いを憎んで」

「良かった過去も塗りつぶして」

「なかったことにしてしまう」

「私たちはこれ以上お互いを嫌いになりたくない」

「だから分かれます」

 

ーーー好きで

好きで

好きで

それでも別れる

そんな気持ちが

いつか 私にもわかる日が来るのかな

ーーいやっ わかんない

てか東郷と別れる時なんてあれよっ

腹立って×2憎くて殺してやりたい!!ってくらいじゃないと!!

・・・それくらいじゃないと

絶対 私は 別れない

だから王様

私はあなたのそばにいると誓うわ

永遠に

 

今回も神山くんが登場します~~

彼目線の高校時代の回想もはいっているのもミドコロ。

 

初恋 だった

 

当時は綾華と両想いだったみたい♡

 

ーー初恋は

そこで終わったはずだった

 

また東郷に仕事依頼を受けて綾華の前にやってきた神山くん。

彼には何か考えがあるようで・・

東郷と神山くんが二人きりで話しているのを、綾華は隠れて盗み聞きします。

 

神山「・・・・また仕事をご一緒させていただけるとは思いませんでした」

東郷「儲かればいくらでも 経営者として当然のことでしょう」

「ーーーそれに決めたんです」

「綾華を信じるって」

「まぁ ありえないですけどねーーー」

「オレの妻に告白してキスまでした相手がそばにいるとか」

「ーーーでも 綾華の言葉が何よりの答えです」

 

「今は東郷だけなの」と言っていた綾華の顔が神山の脳裏に浮かぶ。

 

東郷「---そんなわけで これからも良い仕事のパートナーとして」

「綾華ともどもよろしくお願いします」

 

う~~ん(^^)/これでこそ大人の対応ですね!

割り切って付き合っていかなければならないときがある!

影で聞いていた綾華も嬉しそう(#^^#)

 

そんなある日、綾華の高校の同窓会をラ・ブランシュで行うことに。

もちろん、綾華と神山くんも参加するのですが・・・

これが大事件に繋がるとは・・・

 

東郷「その日オレ出張だから」

「まぁ 同窓会楽しんで」

綾華「・・・神山君と一緒だけど いいの?」

東郷「ーーー“オレだけ”  だろ?」

「オレはあんたを信じる」

 

“貴方だけ”

 

綾華と東郷の絆は固いとみえたが・・・

 

同窓会で飲み過ぎた綾華を、下心丸出しの男が送ろうとする!

それを神山くんが阻止してくれて・・・

 

綾華が目覚めた時には・・・?!

お母様の魔の手も迫ってくる?!

 

お母様「・・・どうして東郷」

「あなたは・・・」

「あなたは私のものでしょう・・・?」

 

涙を流して恨めしそうに東郷の想いを口にする。

 

コツっ

後ろから見知らぬ男性が・・・

お母様「・・・どちら様・・・?」

 

男性「・・・私を」

「覚えてはいませんか」

「・・・父の名は桜庭・・」

「桜庭創一郎(さくらばそういちろう)・・・」

 

その名前を聞いて目を見開いて驚くお母様!!

お母様の方にも色々な想いがありそうで、ただの悪役とは言い切れなさそう・・

はたして、彼とお母様は一体どういう関係か?!!

 

8巻へつづく。

 

王様に捧ぐ薬指 7 (フラワーコミックスアルファ)

新品価格
¥463から
(2017/8/7 15:56時点)

【Amazon】

王様に捧ぐ薬指 7 (フラワーコミックス) [ わたなべ 志穂 ]

価格:463円
(2017/8/7 15:56時点)
感想(0件)

【楽天】
 

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す