春待つ僕ら(あなしん)1巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

『美月もなにか大事なものが一つあれば強くなれるよ』

あやちゃん

私強くなるよ

あやちゃんみたいな友達だってちゃんと作る

高校こそは楽しい思い出でいっぱいにしたいんだ

 

三月(みつき)は小学生の時、友達との関係が上手くいかなくて、

学校に行きたくない時期があった。

そんな時に、出会ったのがバスケットが上手な『あやちゃん』。

彼女のお陰で元気を取り戻した三月。

強くてカッコイイ『あやちゃん』みたいになりたいとずっと思っていて・・・

 

素直に自分の気持ちが言えるようになりたい

怖がらず

ちゃんと人と付き合えようになりたい

 

そう思っているのに、

高校に入ってからいまだに友達が出来ない三月。

カフェでバイトをしていたある日、

三月と同じ高校の制服を着た男の子が店に入ってきて、

美月を見ると

男子1「あの・・・」

「今日 仕事何時に終わりますか?」

「大事な話があるんスけど」

 

彼はバスケ部の人だ!と思い出した。

 

男子1「ちょっとここで待ってて」

「話したがってる本人もすぐ来るんで」

 

これって もしかして・・・・

雰囲気で察知する。

ぞろぞろと4人連れでやってくる男子。

 

男子2「ほら 早くしろって!」

男子3「~わっかってるから押すな・・・ッ」

男子1「あのねーアイツ1回店行った時にキミのことーー・・」

男子2「こら瑠衣(るい)おまえが言うなーー!」

男子1「わーってるよ じゃあ早くしろって」

「頑張れよ!」

 

うわぁ どうしよう 急すぎる・・・っ

こういう時 なんて 答えれば・・・

この状況にドキドキしながら色々考えてしまう( *´艸`)

 

男子3「あ・・」

「あの・・・」

「じつは俺」

 

どうしよう

 

恥ずかしそうにうつむいていた男子が三月の方をじっと見て・・?

 

シーン

 

男子3「こ・・・っ」

「こいつじゃねーーーー」

 

ーーーーえ?Σ(゚Д゚)

 

男子3「俺 さんざん言ったよな?」

「『女神のようにキレイな店員さん』だって!」

「あれのどこが女神だよ瑠衣(るい)」

男子1「店にはあんなのしかいなかった!」

「竜二(竜二)の説明が悪い!!なぁ 恭介(恭介)?」

男子2「いや 普通は疑問に思うだろ」

「あのコじゃ情報より質素すぎる・・って永久(とわ)でも気づくよな?」

男子4「ああ」

「あの程度ならうちの学校にだっている」

 

と、さんざんけなされる美月((+_+))

告白相手を間違えられただけでも気まずいのに、この言われよう!ヒドすぎる|д゚)

どうやら本当の告白相手はもう一人、お店で働いているナナちゃんのことだった!

 

この4人は同じ学校のバスケ部。

 

 

男子1→年7組 宮本瑠衣(みやもとるい)

男子2→年4組 若宮恭介(わかみやきょうすけ)

男子3→年4組 多田竜二(ただりゅうじ)

男子4→三月と同じクラスの 朝倉永久(あさくらとわ)

女子に絶大な人気のバスケ部員だった(#^^#)

 

そして、次の日も懲りずにまた4人がやってくる。

竜二がもっと知ってもらってからもう1回チャンスが欲しいと来ているらしい・・・

 

三月はこのままじゃ、この大好きな場所があの人達に侵されると不安になる。

このカフェの道をはさんだ前にはバスケットコートがあって、

大好きな『あやちゃん』との思い出の場所。

だから、大勢の女子が押し掛けてきたりして欲しくない!

 

部活終わりに来ていた4人と話していくうちに、チャラチャラしてる人じゃないと

美月もわかってきて・・・

そして、美月にもついに女の子の友達ができる!

山田レイナちゃん、バスケ部のメンバーが好きみたいで・・・

 

レイナ「ーーバスケ部には手 出さないで」

「・・・バスケ部に馴れ馴れしい女は許せない・・・」

「全員 敵だから」

「もちろん脳内で・・・その女の存在を消そうとはするんだけど・・」

「怒りは収まるわけもなく・・・」

「・・・うるさいメス共が・・・」

 

「やっ やだ ごめん・・・!また あたしってば・・っ」

「バスケ部のことになるとちょっと理性がきかないみたいで・・・っ」

「ごめん 今の忘れて・・・!」

 

バスケ部と仲いいのはまだ話していなかった美月はこれを聞いてギクリとする(>_<)

 

レイナちゃんは、けっこういいキャラしてます!

実際に友達になったら面白そう(^^)/

 

同じクラスもあって朝倉永久と急激に仲良くなる美月。

学校の中では、常に周りに女子がいて・・なんだかモヤモヤしている自分に気づき?!

 

テストの点が悪かった三月に、永久が恭介に勉強を教えてほしいと頼んでくれてたり、

知らないところでも、ちゃんと三月のことを見てくれてるのを知り・・・!?

 

ーーーどうしよう

朝倉君との時間が大事だ

 

1巻では2人の出会いから友達になっていくところがミドコロです。

そして、最後にはあの『あやちゃん』と再会する!!

 

2巻へつづく。

春待つ僕ら(1) (KC デザート)

新品価格
¥463から
(2017/8/9 10:59時点)

【Amazon】

春待つ僕ら(1) (KCデザート) [ あなしん ]

価格:463円
(2017/8/9 11:00時点)
感想(4件)

【楽天】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す