ネット社会らしいマンガ家への道

今、子供のなりたい職業ランキングにユーチューバーが入っているそうですね。

ネットを通じて自分を売り込むのも一つの自己アピールの場です。

ただ、楽して稼げると思っているからユーチューバーになりたいと思っている子供もいるそうで・・・

それはもちろん違うと思います。

自分が楽しんで取り組むことで、周りの人も巻き込んで楽しめるということもありますが、

本来はその人の人格だったり、隠れた見えないところの努力と探求心も人並み以上じゃないと、ダメだと思います。

はっさくのように、のんびり過ごして(あ!仕事はしてますよ!)

毎日しっかり8時間睡眠が必要な人とは違う次元で行動力のある人がなれるものだと思っています。

 

作家志望の方も、最近では自分のサイトを立ち上げてマンガや小説を見てもらい、

自分の作品を評価してもらっている方も多いようです。

そして、評価やフォロワーが多くなれば編集者の目にとまって書籍化も夢ではない?!

昔みたいに、コンクールに出したり自分で持ち込んだりとは違った道もあるのですね(^^)/

夢への道が広がるのはいいことです!

日常にスパイスが欲しいはっさくは、是非多くの有能な作家さんが世に出てくることを願います(*^_^*)

 

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す