私は天才を飼っている。(七尾美緒)4巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

4巻発売に胸を躍らせなが読みました!しかし3巻のラブ度100%からすると、今回はちょっと物足りない感がありましたが、話しの展開には必要な内容なので仕方ないのかな(*‘ω‘ *)

前回までのあらすじは・・・

■唯一の肉親である母親を亡くした浬は一之瀬家で引き取られ、瑚花(このか)とともに育つ。幼い頃から才能があった浬(かいり)は、自身が作ったプログラムで一之瀬家を大企業へと押し上げる。

■浬が能力を提供する代わりに、瑚花は3つの条件付きで契約を交わすことに。そんな中、“恋に落ちるのは一瞬”という穂積先生からの言葉で、瑚花は浬への恋心を自覚する。

■浬から新しいプログラムとそれを渡す条件として、“キスでのおねだりと浬のキスを受け入れる”を承諾した瑚花。そのことにより、浬は瑚花の父の会社のプロジェクトリーダーへ加わることに。

■自分のことを一切拒まない瑚花に、「つきあう気ないけど、手を出していいの?」と言って突き放した浬。だけど「浬のそばにいたいの」と初めて瑚花の気持ちを知って、両想いだったことに舞い上がりキスをする。父への復讐を果たすまでは、瑚花のそばにいられないと分かっていながらも、瑚花へプロポーズをした浬。瑚花はOKし、浬の事情を汲んでふたりの関係は周りにも秘密にすることに。

■一方、千里の才能に興味を持っていた浬は、父と千里に繋がりがあると知って、さらに千里に急接近して・・?!

 

浬と千里が急接近していることについて穂積先生が・・

 

穂積「さっき見てたよね?浬とあの子がいるところ」

「君はどう感じたのかなって思ってさ」

瑚花「せ 先生は・・・」

穂積「君たちがお付き合いしてることは知ってますよ」

「おせっかいでごめんね」

瑚花「やっぱり先生はすごいですね浬のことなんでも知ってて・・・」

穂積「いや そこは普通 浬ズルイって思わない?」

「君には秘密って言ったくせに自分は俺にバラしてさ」

 

瑚花「あっ ホントだわ!」

「・・・・・」

「私・・・」

「私はさっきふたりを見て」

「自分に落胆しました」

「ーー今まで 浬の世界には誰も入れないと思ってました」

 

そんな神聖不可侵な世界を

邪魔しないようにそっと見るのが私の喜び

だけど そこに入れる人がいて

浬は嬉しそうで

楽しそうで

自分を思い知るにはじゅうぶんだった

 

瑚花「私には浬と並ぶ能力なんてない」

「先生のような信頼関係も築けていない」

 

それでもそばにいてくれる浬に

瑚花「こんな 私が」

「いったい 何をあげられるんでしょうか」

 

チリちゃんと浬の二人しか共有できない世界を目の当たりにして、自分に自信がなくなった瑚花(+_+)

穂積先生は浬の幼少期を見ていて、ずっと一人で誰にも理解されず、楽しさも共有できることなく過ごしてきたことを知っているので、瑚花に浬からチリちゃんを取らないであげてほしいとお願いする。

 

穂積「だから まあそんな浬が楽しそうだったってことは」

「それだけ あの子は特別だってことだよね」

「そんな女の子が浬の近くにいるなんて嫌?」

「寂しい? 自分だけ見てほしい?」

 

瑚花「私・・・」

「私は もちろん寂しい・・・」

「でも」

 

浬があんなふうに笑えるのは

 

「嬉しい」

「奪ったりなんてしません」

「浬の大切なものは私も守りたい」

 

この言葉を聞いて浬は瑚花に愛されてるな~~!て感じます( ;∀;)

穂積先生にアドバイスももらって、気持ちを立て直すことができた瑚花。

浬との会話の中で勇気を出して伝えます。

 

浬「僕がどんなふうに瑚花を思ってるか」

「もっと知ってほしい」

 

瑚花の手を取り、自分の口元へもっていく。

視線はしっかりと瑚花の瞳を捕らえて離さない。

 

浬「知ってよ」

「瑚花」

 

そう言いながら、瑚花の手の平にキスする浬。

 

瑚花「あ・・・」

「私も知ってほしい!」

 

瑚花は浬の手を両手で握りしめて、真っ赤になりながら伝えます。

 

瑚花「私 はしたないかもしれないけど」

「浬に触れられるのが好き」

「ーー浬が」

「私に心を傾けてくれてるのが伝わって」

「緊張するけどドキドキして嬉しくて」

「幸せな気持ちになるの」

「そんな私の気持ちが触れた場所から伝わって」

「浬も幸せだど感じてくれたら嬉しい」

 

必死に伝えてくれた瑚花を愛しく感じる浬。

 

浬「ホント瑚花には敵わない・・・・」

 

嬉しさのあまり瑚花を抱き上げる(≧▽≦)

 

浬「僕の幸福は瑚花だよ」

「だって瑚花といるだけで僕は心が満たされるんだ」

 

瑚花「私もよ」

 

浬「知らなかったな 幸せって際限ないんだ」

「僕 まだまだ幸せになれそう」

 

瑚花「ホ ホント?」

 

浬「うん」

「だから その手で」

「僕をもっと幸せにして」

 

なんという!ラブラブぶりでしょうか!( *´艸`)

読んでて幸せになります(*´з`)

ところが幸せいっぱいの二人の周辺が急速に動き始めます!

どうか、このまま浬と瑚花には幸せになって欲しいと願うのですが、いよいよ浬パパが接触をはかってきました!

見逃せない展開になってきたので、5巻が待ち遠しい!

つづく。

私は天才を飼っている。4 (フラワーコミックス)

新品価格
¥463から
(2017/9/3 12:57時点)

【Amazon】

私は天才を飼っている。4 (フラワーコミックス) [ 七尾 美緒 ]

価格:463円
(2017/9/3 12:58時点)
感想(0件)

【楽天】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す