あのなつ。(チカ)4巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

待ってました~~!!

やっと読めるよー((((oノ´3`)ノ

今回の表紙は優華ですね。

 

スタートは樽丘の回想から始まります。

 

なんで俺

こんなことになってるんだろう

どうしてたまきは俺に

知りたくもなかった話を今してるんだろう

たまきも俺に嘘をついていた

 

友達も

親友も

好きな人も

みんな嘘つきだった

全部些細な隠し事や嘘だけど

 

巡り巡って

 

俺は今

 

身動きひとつ取れない孤独な暗闇の中・・・

 

みんな自分が楽になりたいだけで

俺が聞こえないと思ってる

 

起きないと思ってる

 

もう死んだと思ってる

だからこんな残酷なことができるんだ・・・

 

俺は 生きてるよ・・・・

 

どうやら、たまきは樽丘にある約束をしたらしい(>_<)

でも約束した10年が経っても、たまきは来なかった。

最初の方は、みんなお見舞いに来てくれてたけど、だんだんと来る人も回数も減ってきて・・・

途方もない暗闇と苦しみの中、樽丘の身体は動かないのに脳はハッキリとしたまま10年が経ってしまったんだね。

ドロドロとした長年の感情が、みんなへの憎しみへと変わってしまった。

悲し過ぎるよ。

 

 

高校時代にタイムスリップした樽丘も、わけがわからないという感じですね。

みんなと同じで、目が覚めたら時間が戻っていたみたい。

 

樽丘が今までの犯人だと知ったたまきは急いで屋上へと走る。

待っていた樽丘がたまきを言葉で追い詰めてくる。

 

樽丘「俺がどんな思いでたまきの嘘の告白を聞いてたと思う?」

「俺が何も言えないのをいいことに」

「一方的にうちあけて謝って」

 

「スッキリした?」

 

たまき「た・・・る・・・」

 

樽丘「ねぇ?どうなの?たまき」

 

たまき「ごめ・・なさ・・・」

 

樽丘「だからもう それは 聞き飽きたんだ」

「本当に悪いと思ってるならさ」

 

「態度で示せよ」

 

威圧的な言葉と態度にどうしていいか分からなくなるたまき。

 

もう、たまきが知っている樽丘ではない別の人みたい(/_;)

 

そして、ここからまさか・・・27歳へとまた戻ってしまうのです。

 

優華「前の27歳の時とは未来が変わってる」

「私たち17歳から27歳までの記憶がふたつあるのよ!」

 

 

衝撃の事実を突きつけられた、たまき!

 

どうやら、樽丘と屋上で話していた後から、27歳になるまでの10年間、今までとは違う未来を歩んできたのです。

他のメンバーは、もう一つの10年間の記憶があるのに、たまきだけが思い出せないでいる。

 

そして、この世界では樽丘が普通の生活を送れていて、拓海が事故の身代わりとなったことで車いす生活を送っている!

 

 

そんな中、たまきは2度目の同窓会に参加することに。

みんなが勢ぞろいした、席で醜い争いが始まるーー・・・・。

 

 

(たまき)どうして?

どうして こうなるの・・・?

 

ダメだよ こんなの・・・

せっかく全員が 会って会話もできる世界になったのに

どうして こんなふうになってしまうの?

 

おかしいよ・・・

違うよ・・・

 

こんなこと誰も望んでなかった!!

 

やめてっ・・・!!

 

 

強く願った、次の瞬間・・・!!

 

 

また17歳の高校時代へとタイムスリップした( ゚Д゚)

 

私たちはまた

高校生に

戻ってしまった・・・

 

これで3度目の17歳の夏ーー

 

みんなで集まって話をしている中、樽丘が不吉なことを言い出す。

 

樽丘「今度は誰が事故に遭うのかな」

「1度目は俺」

「2度目は拓海・・」

 

「きっと3度目も」

「あるんだろうね・・・」

 

あ~~~!!

もう終わりなの?ってくらいドキドキしながら読んでました(”Д”)

樽丘がどんどん、悪の道へと進んでいますが、誰も彼の心に寄り添うことはできないのか?!

5巻が待ち遠しくてしかたない!!

 

 

あのなつ。(4) (KCx) [ チカ ]

価格:627円
(2017/10/6 21:22時点)
感想(0件)

【楽天】

あのなつ。(4) (KCx)

新品価格
¥627から
(2017/10/6 21:22時点)

【Amazon】

Follow me!

コメントを残す