王子様には毒がある。(柚月純)6巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

あれ??

表紙に載ってる颯太の横のイケメンは誰?!

と思ったら達海(たつみ)だったのね( *´艸`)

 

七海颯太に彼女ができたというビッグニュースは瞬く間に校内中を駆け巡り

世間が阿鼻叫喚渦巻く混沌の闇に包まれる中

どこ吹く風のふたりである。

 

ラブラブの颯太とりずなのであった(#^^#)

 

りずは次第に颯太ファンの女子から嫌がらせをうけるようになる。

颯太に言うと心配させてしまうと黙っていたけど、吾妻先生が気にかけてくれて・・・

 

一方、意気消沈の親衛隊を引っ張る新しいボス・みゆが登場。

彼女はりずのことをお姉さまと呼ぶ百合っけのある女の子。

 

親衛隊とみゆの意見が一致して、颯太と吾妻先生で既成事実を作る作戦を練る。

 

あっさり、拉致された吾妻先生とりずがいるからと探しにきた颯太。

二人っきりの密室で・・・

 

吾妻先生「ちょうどよかった」

「お前に話があったからな」

 

颯太「・・・そーだ オレもあったんだったわ」

「人の女にこそこそ会ってんじゃねーぞ」

「未練がましいんだよ」

 

吾妻先生「・・・やれやれ」

「その様子じゃ 本当に何も知らないようだな」

 

颯太「・・・は?」

「なんの話だよ」

 

吾妻先生「朝倉さんから預かったものだ」

「見ろ」

 

メモに「別れろ!」の文字が。

 

颯太「・・・なんだこれ」

 

吾妻先生「朝倉さんに口止めされてたんだよ」

「おまえに心配かけたくないってな」

「きっとこんなことは一度や二度じゃないだろう」

「朝倉さんが妬まれるのは容易に想像がつくはずだが」

「よっぽど浮かれていたのか?」

 

それを聞いた颯太は我を忘れて、みんなの前で・・・♡

腹黒王子モードで全校生徒の前で牽制するのです( *´艸`)

 

そして、この巻最大の出来事はやっぱり達海が帰ってきたこと。

 

15歳にして身長が高くてガタイがいいので成人にしか見えないのです(*´ω`*)

可愛らしいイメージしかなかった達海が、別人になって帰ってきたので信用できないりず。

 

達海「達海だよ 朝倉達海っっ」

「ねーちゃんの 弟だよっっ」

 

無反応のりずと颯太「・・・・・・」

 

達海「・・・あれ」

「ガチで忘れられてた?」

 

りず「フザけたこと言ってんじゃないわよっっ」

「アンタがたつみのわけないじゃんっ」

 

そこへ、ケーキを買いに出かけていたりずの母が帰ってくる。

 

りず母「達海・・・元気にしてた?」

「アメリカに移住したとだけ聞いてて」

「あなたが両親のもとに帰って以来まったく連絡がつかなかったから」

 

達海「おあばさんオレのこと気にかけてくれてたの?」

「うれしいな」

「あっちでの生活がとても楽しくて!」

「日本のことはすっかり忘れてたよ」

 

日本に帰ってきたのは、りずに会いたかったからだと言う達海に・・

 

りず「・・・た」

「たつみじゃないもん」

「だって」

「声がちがう」

「顔がちがう」

「あと デカすぎ」

「ぜんぶ ちがうっっ」

 

混乱するりずは、部屋にふさぎ込んでしまう。

 

達海が急にいなくなってから記憶がなくなるくらいショックを受けていたりず。

だから、いきなり現れてどうしていいのか分からない様子ですね(‘ω’)

 

颯太とりずが付き合っていると知った達海。

 

達海「オレが昔のかわいいままだったら」

「オレとつきあってくれてた?!」

 

りず「は・・・・?!」

「何言ってんの?」

 

達海「言ったじゃん」

「ねーちゃんに会うために帰ってきたって」

 

りず「それは姉弟だったから・・・」

 

達海「オレ ねーちゃんのこと」

「本当のねーちゃんなんて思ったことねーもん」

「ガキの頃だって」

「一度だってない」

 

「今だって」

「女として見てる」

 

距離を詰めて接近してくる達海。

 

波乱な展開になってまいりましたよ( *´艸`)

 

そして、新情報!

達海が『アート界の新星』として有名人だったと知る。

 

りずの近くにいる達海を邪魔だと思う颯太は、強制的にアメリカに帰らせる手段をとって・・・

 

颯太はアメリカに帰ることになった達海に対して

 

颯太「ばいばい達海」

「昔から大っキライだったよ」

 

と笑顔で別れのあいさつをする。

達海からすると、昔の自分の居場所を奪い乗っ取ってまでりずと一緒にいようとする颯太は異常に感じただろうね。

 

最後には、母から達海の悲しい生い立ちを聞かされたりず。

居ても立っても居られなくて部屋を飛び出して・・・?!

 

はっさくは、てっきりこの巻で達海の出番はなくなるのかな~~なんて考えてたら意外な展開になってきました。

颯太 VS 達海  激闘の行方は?!

 

7巻は2018年3月頃に発売予定。

 

王子様には毒がある。(6) (講談社コミックス別冊フレンド)

新品価格
¥463から
(2017/10/14 11:22時点)

【Amazon】

王子様には毒がある。(6) (講談社コミックス別冊フレンド) [ 柚月 純 ]

価格:463円
(2017/10/14 11:21時点)
感想(0件)

【楽天】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す