映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を見た感想。

久しぶりに映画を見ました(^^)/

しかも一人で。

日曜日なのに席はガラガラ状態でした。

一人で見てる人も結構いたので心強かったです(^^)/

子供が旦那と一緒にドラえもんを見ている間、ちょうど同じ時間に上映していたのが「シェイプ・オブ・ウォーター」だったのよね。

ドラえもんは、こちらとちがって超満員の大きな箱での上映でした。

ちょうど、数日前にテレビでシェイプ・オブ・ウォーターが賞を取って話題になっていることを知って興味本位で見ました。

 

ストーリーは・・・

●1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、
秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。

アマゾンの奥地で神のように崇められていたという“彼”の奇妙だが、
どこか魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。

子供の頃のトラウマで声が出せないイライザだったが、
“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。

音楽とダンスに手話、そして熱い眼差しで二人の心が通い始めた時、
イライザは“彼”が間もなく国家の威信をかけた実験の犠牲になると知る─。

●声を失くした孤独なイライザと、遠い海から連れて来られた“彼”
冷戦下のアメリカで、種族を超えた恋に落ちる二人だが、
国家の行方を握る“彼”に危険が迫る─

『パンズ・ラビリンス』の名匠ギレルモ・デル・トロ監督の比類なき世界観が、本年度ベネチア国際映画祭でも審査員のみならず観客も魅了。
最高賞:金獅子賞に、満場一致で輝いた。アカデミー賞®を頂点に、続々と幕を開ける賞レースの先頭を走り抜けるに違いない〈特別な一本〉が、遂に日本にもやって来る

 

はっさくの感想は、女性と半魚人の恋愛がまったく感情移入できなかった。

見た目ではなく心が通い合うところなんでしょうけど、正直よくわからないまま。

あまりにも恋心が分からなさ過ぎて映画の感想を検索すると、けっこう高評価なんですよね。

 

美女と野獣はステキな話だと思うんだけど、コレは駄目だわ。

なんでだろ?

リアル過ぎるから?

猫食べたから?

爬虫類っぽいから?

 

お話しの流れとしては楽しみながら見ることが出来ました。

ただ、モヤモヤした気持ちが残ったので他の方の感想を見たところ、こういう解釈なんだと知ることが出来て少し納得できました。

相性ははっきり別れる作品です。

本が出ているようなので、こちらだと自分のイメージに変換できて細かな描写も時間をかけて理解できるので受け入れやすかったかもしれません。

 

【楽天】

 

シェイプ・オブ・ウォーター (竹書房文庫)

新品価格
¥1,080から
(2018/3/7 14:52時点)

【Amazon】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す