僕に花のメランコリー(小森みっこ)7巻を読んで感想。チョイネタバレ注意。

前回までのあらすじは・・・

花から拒絶された弓弦は、自分にとって花がどれだけ大きい存在だったかに気付く。そして、花に「好きだ」と伝えて・・・。

 

3年生になった花。

相変らずの二人だけど無事に交際スタート?!

 

4月10日が花の誕生日だと初めて知った弓弦は、何もいらないという花の為に手料理を振る舞うことにする。

すっかり丸くなった弓弦と、彼をお世話したい花は本当にお似合い(●´ω`●)

 

誕生日、当日。

ケーキのろうそくを吹き消す花。

綺麗な横顔にドキっとしてた弓弦に萌える( *´艸`)

 

花「弓弦くんは18歳になったら何したいですか?」

「車の免許とったり・・・えーっと」

「働ける時間が増えたり・・・あと何が出来るんでしたっけ」

 

弓弦「男だったら結婚できるようになるな」

 

花は驚いてケーキの苺を落とす。

 

弓弦「何だよ そうだろ」

 

花「はい・・・」

弓弦くんから急にそんなワードが出てくるなんて・・・

あせっちゃう

花「そうですね」

 

弓弦「・・・おまえの」

「『将来の夢』」

「『お母さん』」

「だっけ」

 

花「・・・またバカにして・・・」

 

弓弦「してねぇじゃん」

「花」

「クリームついてる」

 

花「えっ」

 

弓弦「・・・別にいいじゃん」

「この国は 男は18歳」

「女は16歳で」

「結婚できるんだから」

 

弓弦くん!!!!!!

マジですね(*ノωノ)

本気と書いてマジですね!!

花とのこと真剣に考えてる弓弦は、もう以前の彼とは別人です♡

 

ちなみに水を差すわけではないですが2021年頃に女も18歳から結婚できるようになります。

特に男と女を区別する必要ないからということです。

 

花はある日、喧嘩してる男の子に遭遇する。

そしてケータイを踏まれて壊されてしまった。

喧嘩してる姿が以前の弓弦と重なって見えてしまった花は不安になる。

 

(花)大丈夫

弓弦くんは関係ないです

ただすこし

思い出してしまっただけ

弓弦くんは変わったの

もうそんな心配ないのに

 

弓弦は少しずつ今の家族と向き合おうとします。

未来から花のクローバーを返してもらうように言ったり・・・

前の弓弦だったら自分から未来に会いに行くことはなかったよね。

そこで、初めて未来の母親が登場するのですが、弓弦の母親を悪く言ったりと何だか訳ありな雰囲気。

父親のことを毛嫌いしている弓弦。

義母もこんな感じだから一人暮らししてるんだね(>_<)

 

今回のキーパーソンは喧嘩してる男の子・昴(すばる)が今後なにかと絡んできます。

 

校門の前で弓弦と昴が鉢合わせした。

 

昴「おまえ・・・」

「----よぉ」

「弓弦」

 

「・・・・」

「おまえ今 ここに通ってんだ」

「ふーーーん」

 

(弓弦)・・・なんで

こいつがここに

しかも

 

顔中ケガだらけの昴の顔を見て昔を思い出す。

 

すると、昴が近づいてきて・・・

 

弓弦「!」

 

弓弦の背後にあった門を開けようとする。

 

昴「なんだ 閉まってんじゃん」

 

弓弦「何の用」

 

昴「ーーー何が?」

「俺がおまえの事捜してこんな所まで来たと思ってんのか?」

 

ビュッ!!

 

拳を弓弦の目の前で寸止めする昴。

 

昴「ーーまたやんのか」

「昔みたいに」

 

「おまえに用はねぇよ」

「・・・こっちもな」

 

「その面 見たくなかったよ」

 

初めて会った昴に、花が弓弦と見間違えだけあって2人は知り合いだったのね。

昴は、花に興味を持ったのか高校までわざわざ見にきてるし・・・

波乱の予感♡

 

終盤には、花が酔っ払いに絡まれてるところを昴が助けた?!ところで終了。

まさか、花が昴と出会ってるなんて思いもしない弓弦。

この先、どんな展開になるのか楽しみ(^^)/

 

2018年4月発売予定。

もうすぐじゃん!!(*‘∀‘)

と思っていたら小さい文字でデジタル版は7月発売予定って書いてた。

なんじゃそりゃ。

ぬか喜びしたわ。

8巻へつづく。

 

【楽天】

 

僕に花のメランコリー 7 (マーガレットコミックス)

新品価格
¥432から
(2018/3/24 10:21時点)

【Amazon】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す