恋のめまい愛の傷(一条ゆかり)1巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

音楽も名曲はいつの時代に聞いても心に響くのと同じように、このマンガも時代が進んでも色あせない作品だと思います。

初版が1995年なので23年前の作品ですが読んでいてもそんなに古臭い感じがしないですし、情熱的なマンガなのでドキドキしながらあっという間に読み切ってしましました(*´з`)

 

主人公の更紗(さらさ)は婚約者・亮(りょう)とともに3年ぶりに帰国した。

そんな2人を空港で出迎えたのは、3年前に愛し合いながら仲を引き裂かれた年下の恋人・琳(りん)だった。

亮と琳は両親の離婚で名字の変わった実の兄弟だったのだ。

更紗の心は激しく揺れる・・・。

 

更紗が大学生だったは3年前、パリ旅行行きの飛行機で偶然隣の席になった高校生の琳と出会う。

琳に懐かれた更紗は、滞在中に琳と深い仲になる。

甘い雰囲気はパリが見せてくれた魔法だと思いながらも帰国するが、琳への想いは本物だったことに気付く。

 

琳は大学受験にも身が入らず、更紗に夢中になり・・・

挙句の果てには、高校を辞めて働くとまで言い出す。

それに危機感を抱いた琳の母親が、更紗のバイト先まで押しかけて・・・

 

琳の母「率直にいうわ」

「琳を返してください」

 

「お願いこの通りよ」

「琳と別れて!あの子が大事なの」

 

土下座をしながら必死に訴えてくる。

 

「あの子をちゃんと学校へ行かせたいの」

「高校にも大学にも 望めば留学もさせてあげたい!!」

 

「あの子はあなたのために母親の私すら捨てたけど」

「まだ17歳よ!」

「働く年でも苦労する年でもないわ」

「結婚だってできない年よ」

 

「お願い!あなたから琳を捨てて!!」

 

「私のことはどんなに恨んでいいからい」

「他のことなら何でもするわ」

「あの子を返してください!!」

 

「あの子を愛してるあなたにしか頼めないんです・・・」

「ひどいことをいってるのはわかってます」

 

「母親のエゴです わかって・・・るんです・・・」

「だけど・・・あなたにしか・・・」

 

彼女の言っていることも理解できる更紗は苦渋の決断をする。

 

更紗「別れ・・・ます・・・」

「もう二度と琳に会いません・・・」

「あたし・・・このまま出て行き・・ます・・」

「琳に会ったら あたし きっと琳と逃げてしまいます・・・」

 

「荷物は友達に頼んで引っ越し業者に引き払わせます」

「あたしの荷物があったら・・・」

 

「琳は・・・」

「琳はあそこから離れないから・・・」

 

涙ながら言葉にする更紗。

 

「怨みます・・・」

「あたし一生あなたを怨みます」

「私にこんな決心をさせたあなたを死ぬまで怨んでやる」

 

 

心を引き裂かれるような思いで別れたのに、3年後に兄の婚約者としてまた琳と再会することになるとは・・・

 

一方、婚約者の亮は、結婚にはぴったりの相手。

高身長・高学歴・高収入でおまけに性格も優しい。

そんな彼と結婚できるなんて幸せ者だと思いながらも、日本に帰ってきてからずっと琳の事が頭から離れない。

 

友人に相談するが、あなたは17歳の彼に恋をしたのであって今の彼ではないと言われる。

確かに、今の琳は女性不信になって荒んだ生活を送っていた。

とても当時の琳とは重ならなかった。

 

(更紗)大切な宝物を抱きしめるように

亮さんは私を抱くーーー

温かい唇から

優しい指先から亮さんの愛情が伝わってくる

 

この人と一緒に将来を見ようと決めたのは私ーー

 

振り返っちゃだめ

迷っちゃだめーーー

 

もう私は亮さんの漕ぐ船に乗っているのだから

 

琳に出会わなければ結婚して平穏な生活を送れていたのに・・・なのに17歳の琳の面影をどうしても探してしまう。

琳が好きだと言った髪をばっさり切った時も・・

 

亮「それにしてもよく更紗だってわかったな琳」

「最初見た時 誰かと思ったもの」

 

琳「足首だけでもわかるさ」

 

と言ってのけたり・・・とにかく琳の激しい愛が痛いくらいに伝わってきます。

最初から最後まで、壊れそうな琳の危うさにドキドキしながら読み切りました。

2巻で完結となりますので、短めコミックをお探しの人にもおすすめです。

 

そして2018年11月26日まではAmazonのkindleでは期間限定で1巻無料で見る事ができます!

お見逃しなく!!

 

恋のめまい愛の傷【期間限定無料】 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

Amazon-kindle】

 

【楽天kobo】

 

恋のめまい愛の傷 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

【Amazon-kindle】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す