僕に花のメランコリー(小森みっこ)8巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

今回も安定!

弓弦のイケメンぶりに癒されました♡

前回までは・・・花の前に、再開した当時の弓弦の雰囲気を思い起こさせる、昴が現れる。何やら弓弦と関係のある様子で・・・。進路に悩んでいた花は、未来のアドバイスもあり、看護師になる事を決意する。弓弦と待ち合わせしていた花だが、待ち合わせ場所に向かう途中、昴のケンカに巻き込まれ・・・。

 

ケータイを壊されて、弓弦のアルバムも踏まれて、おまけに傘まで泥棒する昴に対して理不尽さを感じながらも、ケガをした昴の手当をしてしまうお人よしな花。

一方、弓弦は待ち合わせ場所でひたすら花を待っているがなかなか来ない。

すると酔っ払いのお姉さんに絡まれて・・・

 

お姉さん「ねえ おにーさん」

「待ってるのって女ーー?」

 

「ウチらより可愛い?」

「可愛い?」

 

弓弦「ーーうん」

「すっげー可愛い」

 

と真顔で言っちゃうくらい花のことが大好き(^^)/

そして、いつも自分が花をこうやって待たせているんだと気づくのです。

 

なかなか来ない花に電話をかける弓弦。

 

花「はいっもしも・・・えっ!?」

「ごっ・・・ごめんなさい・・・っちょっと色々あ・・」

「えっ 今はコンビニで・・・」

 

「・・ずっと・・・待ってましたか?」

「そ・・そうですよね・・」

 

「・・・じゃぁ すぐ行きますね」

 

電話越しの相手に頬を赤くする花を、横目で見つめる昴。

 

花「弓弦くん」

 

弓弦を待たせていることを思い出し、慌ててその場を去っていく花。

 

昴「弓弦・・」

 

傘を自分に押し付けて、走り去っていく花を追いかける昴。

そして、遠くから弓弦と花が仲良さそうに話している姿を目撃する。

 

弓弦も、視線を感じ目を向けるとそこには昴がいて・・・目を開いて驚く。

昴がそこにいるのは偶然なのか?それとも・・・

弓弦の胸がざわつきます。

 

弓弦の方が花に振り回される姿など貴重なシーンが盛りだくさん。

好きが大きくなると余裕がなくなってますね( *´艸`)

そんな姿もスキです♡

 

今回はですね、花が看護師になると決意してその夢に向かって頑張ろうとする姿や、未来と弓弦の出会いストーリーがメインとなります。

 

未来視点の幼少期ストーリーは、予想外でした。

現在の未来しか見てないとわからなかったけど、子供時代はけっこうドロドロしてたんだね。

でも、グレることもなくいい青年に成長したところをみると根っから優しい人なんだと思う。

結婚するなら未来かな(*‘∀‘)

 

今でこそ丸くなった弓弦だけど、花と出会う前に取り返しのつかない事件を起こしていたことが判明。

 

明らかになる花の知らない弓弦の過去。

 

そして、その“過去”が動き出す。

 

9巻へ続きます(*´ω`*)

 

 

【楽天】

 

僕に花のメランコリー 8 (マーガレットコミックス)

新品価格
¥432から
(2018/11/28 16:27時点)

【Amazon】

Sponsered Link

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す