ハニーレモンソーダ(村田真優)9巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

前回は、新たな刺客を臭わせて終了しました。

9巻ではその正体が明らかに!!

 

ついに恋人同士になった2人。新学期。美術部に入った羽花は、生徒会の仕事を手伝ったりと新しことでいっぱい。クラスが離れてしまった三浦くんとはすれ違い気味になったけれど、ちゃんと話をして、お互いの気持ちを伝えあいました。ますます仲よしになった2人に・・・!?

 

新しいクラスで新しい環境。

親睦会に誘われて羽花は1人で参加することに。

ところが新しいクラスの子から容赦ない言葉を浴びせられて・・・

 

女子「明らかに異物なのに」

「1年の時 クラスの人からやけに大切にされてた理由!」

「遠目から見て変だと思ってたー!」

「同情からだったんだね!」

 

「クラス替えしてそん時つけた見方いっぱい離れて」

「もう守ってもらえなくなるね」

「どうすんの?」

 

ちょうど横には1年の時同じクラスだった真鈴もいて・・・

 

真鈴「あっ!?」

「うちら あてにしないでね!?」

 

「めんどくさくてやなんだよねー」

「石森ちゃんと同じクラス!」

「前 お父さんが出て来てさー!」

 

羽花「・・・ごめんね」

「でも」

 

「私は」

「真鈴ちゃんとトンボくんと同クラスで嬉しい」

 

そんな言葉にもめげずに笑顔で受け答えする羽花。成長しました(;´∀`)

めげずに積極的に関わろうとします。

そして自分のことを少しづつクラスのみんなにわかってもらえてだんだん馴染んでいきます。

 

そんな様子を優しく見守ってくれる三浦くん。

 

日に日に大きくなる三浦くんへの気持ちを再確認する羽花。

そんな時に、三浦くんの前に現れた女の子・岩川奈乃(いわかななの)。

彼女は三浦くんと同じクラスで、雰囲気や言動が羽花にそっくり。

 

岩川奈乃「私」

「石森さんのことが好きです!!」

 

「岩川奈乃 1年生のときはD組でした」

「存在感がなくて消極的で」

「中学のときは友達がいなくて」

「・・・ずっと見てたんです」

 

「似た境遇から」

「どんどん変わっていく石森さんを」

「かっこいいな」

「私もあんな風になりたいなって」

 

 

まさか羽花と友達になりたい宣言をしてきた。

嬉しくてもちろん返事は・・・

 

羽花「よろしくお願いします!!」

 

初めての体験に真っ赤になって嬉しさを隠し切れない様子。

 

菜乃はクラスでも三浦くんに助けてもらうことが多くなって、それを見ていた周りのみんなが噂する。

 

女子「石森ちゃんに手がかからなくなったから今度はあっちみたいな・・・」

女子2「三浦くんていじめられっこフェチなの?」

 

トンボ「界って」

「先に あっちに出会ってたらどうなってたんだろうな」

 

相変らず空気の読めないトンボの発言にげんなりします”(-“”-)”

周りからの言葉に、不安が広がって羽花の心に影を落としていく。

 

(羽花)いつもなら

三浦くんの近くに

どんな女の子がいたって

何とも思わないのに

 

どうしよう

頭から離れない

 

“三浦くんを”

“ひとりじめしたい”

 

自分勝手なこの気持ちは

知られたくない

 

嫌われてしまうかもしれないから

ーーーでも

 

もう無理

 

 

 

この巻では、何回キスしたよってくらいのろけから始まったのに中盤くらいから雲行きが怪しくなってきました。

せっかくのカレカノになってこれからって時に・・・・

 

次巻の予告は、幸せだったはずなのに、恋に試練!

2人の選ぶ道は?

菜乃の涙ーーーその理由は!?

心揺さぶる菜乃編+ドキドキの新展開♡

 

『ハニーレモンソーダ』10巻は2019年春頃発売予定!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハニーレモンソーダ 9 (りぼんマスコットコミックス) [ 村田 真優 ]
価格:475円(税込、送料無料) (2019/1/18時点)

楽天で購入

 

 

【楽天】

 

ハニーレモンソーダ 9 (りぼんマスコットコミックス)

新品価格
¥475から
(2019/1/18 15:03時点)

【Amazon】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す