Rosen Blood~背徳の冥館~(石据カチル)2巻を読んで感想。ちょいネタバレ注意。

謎多き1巻でしたが今回はどんな展開を見せてくれるのでしょうか(≧▽≦)

前回までは・・・あるお屋敷で働くことになった少女・ステラ。そこには、レヴィ、フィードリヒ、ギルバートという妖しくも美しい男たちが暮らしていた。ステラは、ギルバートに突如襲われそうになったりと、恐ろしい目に遭いつつも、しだいに住人たちと打ち解け始める。それから、ステラは彼らの正体を知ることに。なんと彼らは人間を結晶に変えて喰らう、人ならざる者だった。そんな彼らに対し、ステラは自らの体液を食料として提供するよう提案したが・・・!?

人間を結晶化するたびに悩み苦しんでいたレヴィをなんとかしてあげたいと思うステラ。

レヴィは意地悪で怖いけど、ふとした言葉の端々に優しさがにじみ出ていた。

それはステラを想っての言葉で・・・自然に2人は惹かれあっていく。

そんなある日、レヴィは眠りから目を覚まさない。

このままでは、ギルバートのように我を忘れ化け物のようになってしまうと知ったステラは・・・

 

フィードリヒ「あんなにキスしてたのに君に唾液をもらうどころか」

「レヴィは君の結晶化がこれ以上進まないようにと緩和としての唾液を与えてた」

「だから飢え始めてる」

 

ステラ「どうしたら・・・治るの?」

 

フィードリヒ「彼の心に入って彼が囚われる前にこちらの世界に戻してあげるしかない」

「大丈夫 俺なら助けてあげられる」

「君をレヴィの中に送り込むのさ」

 

ステラ「わっ 私が・・・?どうやって?」

 

フィードリヒ「レヴィを助けるためならなんでもできるでしょ?」

「・・・・できないの?」

 

ステラ「・・・っ もちろん」

「なんでもするわ」

 

 

こうしてステラはレヴィの心の中に入ることに。

そこには子供の頃のレヴィがいた。

ステラを見たレヴィは一目で悪者ではないとわかった様子(*´ω`*)

(この小さいレヴィがまた可愛い!!!!)

 

レヴィは何者かに追われていて、ずっと隠れ回っている。

ステラはレヴィを励ましながら一緒に出口を探すことにする。

建物の奥に進むにしたがって、レヴィの子供の頃の様子が見えてきた。

 

ステラには知られたくなかった過去の過ちが。

 

どんなに残酷な過去を知ってもレヴィを責めようとしないステラ。

子供のレヴィもステラを信頼していく。

 

レヴィ「あなたの名前教えてよ」

 

初めてレヴィに会った時に名前を教えたら「変な名前」と言われたことを思い出したステラ。

どうせまた同じこと言われるんだろうなと思っていたら・・・

 

ステラ「ステラよ」

 

レヴィ「ステラ・・・」

 

「キレイな名前だね」

 

キラキラした笑顔でそう言われる。

これが素直なレヴィの気持ちだったのかと思うと嬉しくて顔が赤くなる。

 

そしてレヴィが描いていた絵の女性が現れて・・・・!?

どういう関係か知ることになります。

 

2巻を読んでみて、とにかく絵の美しさに惚れ惚れします。

めっちゃタイプの絵です!

 

いい人だと思っていたフィードリヒは思っていた以上に影のある人です。

 

レヴィが大切に想っているステラを自分の花嫁にしようとしたり・・・

血でステラを離れないように繋ぎ留めたり・・・

 

(レヴィ)気づかないふりをしてた

フィードリヒが俺に血を盛って昏睡させたことも

いい人を気取っていることも

俺を観察して面白がっているのも

 

でも

思い出してしまった

 

ルチアを喰った俺の顔を覗き込む

フィードリヒの顔をーーー・・・

 

あいつは笑ってた

 

 

俺が苦しむ顔を見たいんだ

そのためならステラすら・・・・

 

その後、レヴィが簡単にフィードリヒについていったステラを怒るんだけど・・・その怒り顔さえ素敵です( *´艸`)

 

フィードリヒ「心の関係はレヴィでいいから」

「身体の関係を俺としたらイーんじゃない?」

 

と提案されたステラは一体どうなってしまうのか?

それにしても今回もレヴィのテレ顔に怒り顔に、我慢顔にと麗しい顔のオンパレードでした(≧▽≦)

ごちそうさまです!!!!

 

3巻にも期待してます!!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Rosen Blood(2) 背徳の冥館 (プリンセスコミックス) [ 石据カチル ]
価格:490円(税込、送料無料) (2019/8/22時点)

楽天で購入

 

 

【楽天】

Rosen Blood ~背徳の冥館~(2) (プリンセス・コミックス)

新品価格
¥490から
(2019/8/22 14:12時点)

【Amazon】

Sponsered Link

Follow me!

コメントを残す