薔薇色ノ約束(宮坂香帆)1巻を読んで感想。ちょっとネタバレ注意。

主人公、六条家の令嬢・彩葉は不幸なことに最愛の父を亡くした。

これからは屋敷に義理の母と姉の3人で暮らすことに・・・

悲しみの中、屋敷の庭で出会ったのが見知らぬ美男子。

ズケズケした物言いに彩葉はせっかく助けてもらったのに失礼な態度をとってしまう。

 

彩葉「落とし物お忘れなく」

 

そっけない態度をとる彩葉を自分の胸元まで引き寄せた彼は・・

 

美男子「礼なら言葉でなく君の口づけを所望する」

「お姫様?」

 

キスされそうな距離まで近づいてきたので手袋を投げつけた。

 

彩葉「な・・・っ何するの!?無礼な人ね」

「バカにしないで・・・」

 

美男子「オレに手袋を投げつけるとは」

「面白い」

 

「受けて立とう」

 

「逃げるなよ?」

「お姫様」

 

手を取り甲にキスされた。

彩葉はとっさのことに反応できなかった。

 

それからも彼の事が忘れられなくて思い出しては打ち消そうとする彩葉だったが、そんな時に義理の母から縁談を持ち掛けられる。

父ほどの年齢の男性が彩葉をお嫁に貰いたいと申し出てきた。

結婚はしたくない彩葉だが六条家を残すための最後の手段だと義母にもちかけられる。

 

そんな義母は大金がもらえて彩葉も厄介払いができるので躍起になっている。

 

この物語はシンデレラみたいなお話でスタートします。

意地悪な継母と姉にいじめられ、厄介払いさせるために親子ほど違う年齢の人と結婚させられそうになる。

 

彩葉は幼い頃に負った傷跡が背中にあり、そのせいで自分は傷物で結婚できないと思い込んでいた。

今ではどうしてこの傷を負ったのか記憶がない。

 

そんな寂しい思いをしている彩葉のもとに毎年誕生日に送られてくる赤いバラの花束。

差出人不明だけど、花が大好きな彩葉はなぜかこの香りをかぐと何かを思い出しそうになる。

 

そんなある日、彩葉宛に名門の不知火公爵邸から舞踏会への招待状が届く。

カードと一緒に赤い薔薇も添えられている。

 

しかし、継母が自分の娘を舞踏会に参加させるので彩葉には必要ないと言い出し・・・

 

(彩葉)招待状の赤い薔薇・・・

・・・たまたまよね

 

赤い薔薇なん珍しくないし偶然なんだわ

 

きっとほかの方の招待状にもついてるわよ

 

行ったところでどうにもならないってわかってるのに・・・・

 

私は何を期待してるんだろう・・・・

 

でも  何か・・・・

何かが変わるんじゃないかって・・・・

 

わかってる

 

ただの悪あがきよ

 

こんなことはこれで最後だから

 

お願い

 

 

こっそり舞踏会を見ようと会場へ忍び込む。

 

(彩葉)ちょっと・・・・

 

ちょっと のぞくだけ・・・・

 

どんな御方かひと目確かめるだけよ・・・

 

 

この舞踏会は不知火家の跡取りが嫁を探すために開かれるパーティー。

日本中からご令嬢が集まって彼の目に留まるよう必死になっている。

 

こっそり忍び込んだお屋敷にはなぜか前に会った失礼な美男子がいて・・・

 

なんでここにいるのか頭がついていかない彩葉。

彼の言われるままに舞踏会でダンスまで一緒に踊ってしまって・・・

 

一夜明けても彼のことばかり考えてしまう。

 

そして、彩葉の屋敷に不知火 烈様がいらっしゃって・・・その顔を見て驚く。

そこにいたのは昨晩一緒にダンスをした彼だったから。

 

そしてなんと婚姻の申し出をしてきた。

 

すでに結婚相手がいると継母が食い下がるが・・・

 

 

烈「・・・いいだろう」

「幾らだ?」

 

継母「はい?」

 

烈「幾ら欲しいと聞いている」

 

「あんたの義娘」

「言い値で買おう」

 

彩葉「な・・・っ」

 

 

烈「問題ない」

「おまえが手に入るならば容易いことだ」

 

この漫画をおすすめする人は、シンデレラストーリーが好きな人。

そして、普段は意地悪だけど2人の時には甘い言葉を囁かれたい人。

には、とっても気に入るマンガです(#^.^#)

 

烈は彩葉のために毎日素敵な着物とため息が出るほどの可愛い部屋を用意してくれた。

婚姻までは烈のお屋敷で暮らすことになったが、毎日が花嫁修業の猛特訓。

 

そんな彩葉を気遣って街へ気分転換にと連れて行ってくれたり・・・・

 

もう、それはそれはお姫様のような扱いをしてくれます。

 

でも、彩葉は烈に背中の傷があることを話していない。

これを知られてしまうと不知火家の名を汚すことになるのではとだんだん罪の意識にかられるようになる。

 

烈の甘やかしが度を越してると思いますが彼は物を与えることが愛情だと捉えているのでしょう。

 

周りからの悪意から彩葉を守ってくれる烈はまさに王子様。

 

そんな2人の結婚はどうなるのか!?

 

2巻へつづきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薔薇色ノ約束(1) (フラワーコミックス) [ 宮坂香帆 ]
価格:471円(税込、送料無料) (2019/12/3時点)

楽天で購入

 

 

【楽天】

 

薔薇色ノ約束 (1) (Cheeseフラワーコミックス)

新品価格
¥472から
(2019/12/3 12:59時点)

【Amazon】

Sponsered Link

 

 

Follow me!

コメントを残す